干支九星術・易占・おみくじお伺い 沙門堂(月恩会)                   本文へジャンプ
干支九星術の特徴
気学と干支九星術との違い
鑑定のご案内
勉強会のご案内
アクセス
東京滞在日
ブログ
干支九星術 
易占・おみくじ
お伺い

沙門堂
しゃもんどう

(月恩会)
 

  人は人生に苦しみ、その原因を探しました。その結果、そこに法則があることを知りました。

  その法則は、時間と空間との両方にまたがって影響ししていることも発見しました。

  時間や時期を知る一つの方法として、天文を見る方法があり、その一部が星と関係があることを知りました。

  もちろん、太陽や月の位置を考察したことは言うまでもありません。

  人間の苦しみを変える方法として、この星を変化させればよくなるのではないかと考えました。

  しかし残念ながら、天には手が届かなかったのです。

  そこで天に届く方法として、瞑想を始めた民族もいました。神話を作り始めた民族もいました。
 
  ある民族は、天地はつながっているのはずだから、地面をいじればいいと発想の転換をいたしました。

  その混沌とした要素を、古代の中国人は陰陽五行思想にまとめ、現在でも私たちの命と開運との指針として伝承されてきています。

  その解明をしていくのが、干支九星術です。